医療法人 藤美会  ふじた歯科 FUJITA DENTAL CLINIC

大阪府吹田市 阪急千里線 「北千里」駅より 徒歩5分 北千里医療ビル4階 電話番号:06-6873-5777

ふじた歯科で行う治療、ケア内容をご覧下さい。

ふじた歯科では、まず、患者さんがお困りの問題点、痛みや虫歯、歯槽膿漏などの治療に専念いたします。

治療方法はかならずいくつか提案いたします。

問題点が解決した後には、虫歯や歯槽膿漏の予防治療を提案させていただき、 皆様(この時点では、患者さんとはいえませんね。)の食生活、生活の質の向上のお手伝いをしていきたいと考えています。

個々の診療台に専用モニターを設置。
小型カメラが映した映像や静止画を見ていただくことで、 お口の中の状態を患者様自身でご確認ていただき、インフォームドコンセントの充実をはかっています。

ふじた歯科では、できるだけ歯の中の神経をとらないように虫歯治療を行います。
境界線上の場合でも、レーザー治療などで歯の神経を温存いたします。
治療が終わった後には、虫歯や歯槽膿漏の予防治療を提案させていただきます。
また、写真のようなきれいな歯を保つためにも、歯科医院での定期検診をおすすめいたします。

歯垢除去

当歯科医院では、4名の歯科衛生士による歯周治療が行われています。良好なお口の中の衛生状態は健康の第一歩です。

無痛治療を実践

極細の針を使い、キッチリと麻酔をきかせた上で治療を進めます。痛みを和らげたり、痛くない治療の実践を心がけています。

当歯科医院では、できるだけ歯の中の神経をとらないように虫歯治療を行います。
境界線上の場合でも、レーザー治療などで歯の神経を温存いたします。

小さな穴のむし歯は、むし歯になった部分をタービンで削りとって、 その穴にプラスチックやグラスアイオノマーセメントというセメントの材料、金属といった詰め物します。

大きな穴の開いたむし歯やさらに歯の形が無くなった歯は、 全体を元に戻すようなかぶせにして治します。

歯がなくなったときに、隣の歯を使って治すブリッジという方法もあります。

軽度の場合、歯科衛生士による歯面清掃が中心となりますが、 症状が重い場合は簡単な外科治療や歯の固定をおこないます。

歯周ポケットヘレーザーを照射することによる歯周ポケット内の殺歯や、 歯茎が腫れた場合にはレーザーメスとして膿瘍を切開、排膿させるレーザー治療も行っています。

右の写真は歯肉炎の具体的な症例です。

右の写真くらいの状態なら、ブラッシングを丁寧にして、歯科医院でプラークコントロールと簡単な除石、PMTCを受けると、 1週間程度で健康に回復します。
右の写真のように、症状が重くなると、歯肉が腫れ出血したり、膿が出てきたりします。 また、歯並びが悪くなったり、歯がぐらぐらしたり、歯が抜けたりします。この場合は、簡単な外科治療や歯の固定、レーザー治療を行います。

 

お子様と保護者の方に積極的な口腔清掃・食習慣を指導、 必要な場合にはフッ素塗布やシーラント処置等を行い、虫歯の予防に力を入れています。

丈夫な歯をつくるためには、子供の頃からの虫歯予防に努めています。

歯みがきと合わせたフッ化物の利用やシーラント〔予防充填〕も勧めています。
勤務医時代には小児歯科の経験もあり、小さな子供さんも怖がらず安心して治療が受けられます。

シーラント

むし歯になる前に、歯の溝の部分をシーラントというプラスティックでおおってしまう処置です。
そうすると溝に汚れがたまらなくなり、むし歯になりにくくなります。

フッ素塗布

お子様を虫歯や歯周病から守るための予防として、フッ素塗布も行っています。
フッ素とは歯の質を強くする自然元素のひとつです。年に2〜3回程度塗布すると効果的です。

お子様の歯を虫歯から守るためには、食後の歯みがき習慣と、7〜8歳くらいまでは仕上げみがきをしましょう。
叢生(ガタガタ歯)、上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合、反対咬合(受け口)、開咬といった歯並びは、 矯正治療を行うことによって、直すことができます。
歯がガタガタだと、歯みがきしにくいためむし歯や歯周病になりやすくなります。
また、歯がカチカチあたって歯茎がいたんだりします。

歯列矯正治療の流れ

歯をならべるエッジワイズ装置には、透明なセラミックと丈夫な金属の素材があります。左の写真は、取り外しのできる装置で上と下の顎を大きくしているところです。

治療の流れ

  1. 検査します。 (歯の型やレントゲン、歯の写真などをとります)
  2. 検査結果、治療方針、期間、費用などを説明します。
  3. 治療を開始します。
  4. 治療が終わると保定観察します。
治療期間は1〜3年ですが、歯ならびによって違います。骨格に異常がある時は成長にあわせて治療します。

親知らずの抜歯

口の中には、むし歯や歯周病以外にも多くの病気があります。歯の抜歯、歯の根の先にできた襄胞、外傷による口の中のケガなどを治療します。
親知らずの抜歯では切ったり、縫ったりなど多くの外科的処置が伴うことがあるだけでなく、 歯の形や位置によっては特に慎重な手術が必要なことがあります。

当歯科医院では、そのための口腔外科という歯科領域の外科の専門医としての治療も行っています。

親知らず抜歯治療の流れ

治療の流れ

  1. 親知らずを覆う歯ぐきを開きます。
  2. 必要な場合は骨の一部も取り除いて、歯の出し口を作ります。
  3. 歯を取り出せるように分割
  4. 歯を取り出す
  5. 傷口を縫い合わせて終了
特殊な場合を除いてほとんどは外来での処置で、手術そのものの時間もほとんどの場合10分〜30分程度です。
外力により歯が抜けた場合でも 、 抜けた歯についている歯根膜が生きていれば歯を元の穴に戻すことにより、歯は再び機能を回復することができます。

※30分以内に歯科医院においでください。

インプラントとは、顎の骨に人工的に歯根を埋め込み、それを土台に人工の歯を装着する治療方法です。

左の写真が部分入れ歯、右の写真がインプラントです。

入れ歯やブリッジは口の中に不快感が残ったり、 噛む力が弱いので食べたいものが食べられなかったりしますが、 インプラントは見た目にも自然で、 骨の中にしっかりと固定されるので、固い食べ物もおいしく食べることができ、 見た目も自然で美容にも効果的です。

インプラントの処置の前には、あごの状態や口の中の衛生状態を調べたり、必要な検査や治療を行ったりします。

インフォームドコンセプト

CTイメージに基づく3次元インプラントバーチャル手術システム「10DRインプラントシステム」を用いて、 インプラント手術の方法と手順を視覚的に説明します。

インプラント治療の流れ

  1. チタン製のインプラント(人工歯根)を骨の中に埋め込みます。
    このインプラントが新しい歯の土台です。処置は、局部麻酔のもと行います。外来の小手術で一時間程で済みます。インプラントが埋入されると歯肉で覆い、上顎で約
  2. インプラントが完全に骨と結合したらアバットメントを装着します。
    これが、歯を支える直接の支点となります。この状態で歯肉が治癒するまで、1〜6週間程度待ちます。
  3. 各個人に最適なサイズ、形態、色の人工歯をインプラントに取り付けます。
    これで、見た目にも自然な歯の完成です。

歯周病(歯槽膿漏)の治療

歯周ポケット〔歯槽膿漏の歯と歯茎の境目)ヘレーザーを照射することにより、歯周ポケット内の殺歯を行います。
また、歯茎が腫れた場合は、レーザーメスとして使用し、膿瘍を切開、排膿させます。 これにより、痛みと腫れはましになり治癒も早くなります。

メラニン色素沈着症の処置

歯茎が黒ずんでいるのはメラニン色素の沈着によるものです。 ここにレーザーを照射し、着色部分を除去します。
痛みが少なく短時間で除去でき、きれいなピンク色の歯ぐきになります。

口内炎の治療

口内炎にレーザーを照射することにより、痛みが軽減し、治癒も早くなります。

歯の根の治療

レーザー照射により狭い歯の根の中の殺菌、消毒を確実に行い、治癒を促進します。

知覚過敏

歯の表面にレーザーを照射すると、歯の質が強化されて虫歯になりにくくなります。痛みは全くありません。またフッ素を併用すると予防効果がより一層高まります。

小帯異常

歯並びに影響する歯茎についているおおきい、ひだを出血なしで処置することが可能です。

デュアルホワイトニング

当歯科医院では、歯そのものを白くするホワイトニングを行っています。
着色している部分の歯の表面にホワイトニング剤をおくことで、 歯を白く漂白してきます。
家で行うホームテゥースホワイトニングと、 歯科医院で行うオフィステゥースホワイトニングを、併用しております。

ホームテゥースホワイトニング

お子様の歯を虫歯から守るためには、
食後の歯みがき習慣と、7〜8歳くらいまでは仕上げみがきをしましょう。

治療の流れ
  1. 漂白治療の特徴、注意事項の説明
  2. 治療に同意していただけると治療を開始
  3. カルテ作成、データ収集、歯の写真、歯型取り
  4. カスタムトレー(漂白剤を入れる器)の調整
  5. 機械を用いた歯の汚れ落とし、艶出し

オフィステゥースホワイトニング

極細の針を使い、キッチリと麻酔をきかせた上で治療を進めます。痛みを和らげたり、痛くない治療の実践を心がけています。

治療の流れ
  1. お口の検査と変色原因の診断
  2. 歯磨き指導と生活指導
  3. 歯の清掃(PMTC)と歯の艶出し
  4. 歯の漂白
  5. 歯の洗浄

ブラッシングチェック

一般の歯科治療はもちろんのことですが、最も大切なことは「虫歯をつくらない」予防です。虫歯や歯槽膿漏は、歯ぎしり・喰いしばりが原因ということもあります。そのための予防も行います。予防に大切なブラッシング指導と、スケーリングの大切さも患者様に知っていただきます。

歯垢の染め出し液を使って、歯がしっかり磨けているかどうかチェックすることも大切です。

当歯科医院でも、薬剤で磨き残しの部分に色をつけ、実際に歯ブラシを使ってマンツー指導を行っています。

フッ素塗布

お子様を虫歯や歯周病から守るための予防として、フッ素塗布も行っています。
フッ素とは歯の質を強くする自然元素のひとつです。年に2〜3回程度塗布すると効果的です。

シーラント

むし歯になる前に、歯の溝の部分をシーラントというプラスティックでおおってしまう処置です。
そうすると溝に汚れがたまらなくなり、むし歯になりにくくなります。