医療法人 藤美会  ふじた歯科 FUJITA DENTAL CLINIC

大阪府吹田市 阪急千里線 「北千里」駅より 徒歩5分 北千里医療ビル4階 電話番号:06-6873-5777

ふじた歯科の設備をご覧下さい。

歯科用CBCT

2013年7月7日に、歯科用CBCTが導入されました。
京都に本社のある朝日レントゲンのオウジェシリーズ、矯正用セファロ併用の機種(型式AUGE X ZIO CM)です。
CBCTとはCone beam Computed Tomographyの略で医科用のCTより、レントゲン線量が少なくて済み、限られた範囲の映像が、鮮明に映せるのが特徴です。

従来の二次元の平面レントゲン写真読影に加え 三次元の立体映像と、三次元を平面ですが立体的にとらえ、読影、解析できることは、CT撮影がインプラント治療、埋伏智歯などの抜歯治療、歯内治療、歯周病治療などをより安全に、より正確に行う為の重要なデータになることを意味します。

三次元の世界で処置を行っている私達にとって、特にインプラント治療などでは、現場での、三次元の映像での情報確認が、直接より正確な施術につながるからです。

インプラント治療だけではなく抜歯時にも神経や副鼻腔底までの距離を立体的にとらえられることや、歯周病治療や、根管治療にのぞむにあたって、歯の根部の形態や病変の確認、顎骨の全体的な形態を把握できることは、今までの平面レントゲン写真だけでは、十分に知りえることの出来なかった情報を、私達にもたらしてくれることとなりました。

まさに「受診者の皆様の利益を丁寧に迅速に追求する。」「デメリットを極力、縮小する。」という当医院の治療理念に則した医療機器ではないかと考えます。

当医院では、引き続き、効果的に適切に歯科用CTを活用していく所存です。
又、これからも進化しつづける歯科医療に対して、スタッフ一同、遅れることのないよう対応していきたいと考えております。

診察台
北千里の緑を眺めながらリラックスして診療を受けられます。
個々の診療台には、専用モニターを設置しています。
目の前に広がる緑を眺めながらリラックスした状態で治療を受けれるように配慮しております。
診療に使用する器具
感染予防のための滅菌器具とディスポーザブルのエプロン、紙コップ
口腔内カメラ
口腔内の説明用写真と歯の色調チェックよう口腔内デジタルカメラです。
診療台専用モニター
小型カメラの映像や静止画を見ていただくことで、お口の中の状態を患者様自身でご確認いただけます。

実際の画面を見ていただき、インフォームドコンセントの充実もはかっています。

デジタルレントゲン
最新のデジタルレントゲン〔アサヒレントゲン、ADRNEO)パノラマとデンタル、親機です。
従来のアナログレントゲンよりもレントゲン線量が大幅に減少でき、 体に優しいレントゲン設備です。
被せ物鋳型ようファーネス
タービン自動注油洗浄器
タービン自動注油洗浄器
超音波洗浄機
器具や義歯の超音波洗浄機
ダイアグノデント・レーザー
ダイアグノデント・レーザーでむし歯の深さを測定します。
目で見えない“もの”がみえてくる!? 見えてくるのは、わずかな歯質の変化と患者様との信頼の絆です。
DIAGNOdent は目に見えない歯質の変化を先生の目に代わって見つけてくれます。   
DIAGNOdentは、レーザー光が極小の到達経路を通って反射する裂溝域における蛍光測定ができる大きな利点があります。
無痛麻酔
アネジェクト。無痛的に麻酔可能な麻酔器です。
無痛麻酔の為の表面麻酔
無痛麻酔の為の麻酔液保温器
10DR
CT標準画像(DICOM)、cross sectional、panoramic、panoramic projectionイメージなどを 2次元イメージはもちろん、3次元イメージをいろいろな方向(view point)に変え見ることができます。

インプラント手術においては、患者様は様々なご心配をいだいておられるかと思います。

ふじた歯科では、少しでも、患者様のお気持ちのご負担を軽くできるように、 10DRインプラントシステムを用いて、 インプラント手術の方法と手順を、視覚的に説明するインフォームドコンセントツールとして利用しています。

インフォームドコンセプト
10DRインプラントシステムの色々なツールを利用して3Dモデルの作成、 神経管の抽出、距離、角度、面積などの測定ができ、 インプラントバーチャル手術をシミュレーションすることができます。

患者様の様々なご不安や疑問について、 ご納得のいくまで、お話をさせていただきます。